コインランドリー開業の基礎知識

コインランドリー開業の前に知っておきたいこと

コインランドリー開業をするなら、失敗しないように多くに知識や情報を持っておいた方が安心です。
始める時に資格不要なことから、安易に始めてしまうケースが目立ちます。
そのようなケースでは結果として、短期間で経営が苦しくなって廃業になってしまいます。
そうならないためにすべきことはいくつかあり、知っていると知らないとでは大きな差があります。
後悔をしないためには、使えるメリットは全て使い尽くすぐらいの考え方が重要です。

開業をするなら覚えておこう!成功に役立つ情報や知識

コインランドリー開業をするなら覚えておこう!成功に役立つ情報や知識を紹介! コインランドリー開業で必要な初期投資には、かなりコストが必要になります。
そのため資金調達の仕方でその後の運営が大きく変わってきます。
必ず確認しておきたいのが補助金の利用です。
新創業融資は日本政策金融公庫が実施している制度で、担保や保証なしで受けられるという特徴があります。
小規模事業者持続化補助金は従業員が20名以下の場合に受けることができるもので、返済義務がない最大50万円の補助を受けることが可能です。
コインランドリー開業は立地や人の流れなど集客力や稼働率が大きく影響します。
情報をしっかりと集めて、無理のない経営計画を立てることが重要です。
理想で見積もると、絶対に失敗するので50%以下の稼働率でも収益を上げられるような考え方が必要です。

開業の種類は2つ!個人経営かフランチャイズ加盟か。

コインランドリー開業の種類は2つ!個人経営かフランチャイズ加盟か。 コインランドリー開業をする場合、個人経営とフランチャイズ経営の2種類に分かれます。
それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。
まず、個人経営の場合、土地探し、内装工事、開業前から開業後の運営まで全て自分で行います。
自由度が高いので、オリジナリティのある店舗を運営することができます。
経営にかかる収支の把握やクレーム処理の対応なども自分で考えていかなくてはならないので、店舗運営の経験がある人、細かく計画を立てて物事を進められる人に向いています。
一方でフランチャイズ経営の場合、運営前から運営後までプランニングを全て親企業に任せることができます。
内装や機材なども親企業のルールに従わなくてはならないため、自由度は低いです。
ロイヤリティを支払うことにはなりますが、運営後のクレームやトラブルの処理は全て親企業に任せられることができるので、安心して運営ができます。
そのため、事業を初めて行う人に向いています。
以上が個人経営とフランチャイズ経営、それぞれの主な特徴です。
自分の性格や今までの経験からどちらの経営方法が向いているのかよく考えてから判断してください。
どちらの種類でコインランドリー開業を行った場合も、自分自身でよく研究し、判断していく力が必要となっていくことでしょう。

コインランドリー開業の情報サイト

コインランドリー開業するならここを確認!

新着情報

◎2022/2/28

サイトを公開しました